お知らせ

ニュース

2021-04-24

緊急事態宣言中(4/25(日)~5/11(火))の教育活動について

私立学校園における緊急事態宣言期間中の教育活動について

令和3年4月24日

 

 令和3年4月23日付けで、大阪府等が新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態措置を実施すべき区域とされたことを受け、大阪府においては、緊急事態宣言期間中の府立学校の教育活動について、以下のとおり決定しました。

 つきましては、本校においても、これに準じた教育活動をすることといたしますので、ご協力をお願いいたします。

 

 1 期間

   令和3年4月25日(日)から令和3年5月11日(火)まで

 2 要請内容

   〇授業について

・分散登校や短縮授業は行わず、通常形態(1教室40人まで)を継続する。

・ただし、感染リスクの高い活動は実施しない。

   〇修学旅行、府県間の移動を伴う教育活動について

・中止または延期とする。

   〇府内における校外学習等について

・中止または延期とする。

   〇部活動について

・原則休止とする。

※ただし、公式大会への出場等、学校が必要があると判断する場合は、感染防止対策を徹底したうえで、活動時間を短縮して実施する。この場合でも、感染リスクの高い活動は実施しない。

(一部抜粋)

 

 【 感染症対策の徹底】

  (1) 基本的な感染症対策の徹底

マスクを着用し、手洗い及び換気を徹底する。

  (2) 健康観察の徹底

生徒、教職員とも、登校出勤前に自宅にて検温・健康観察の実施を徹底する。

体調が悪い時は自宅での休養を促し、無理して登校しないよう指導する。

また、登校後は生徒の体調観察に努め、体調の不調を確認した場合は速やかに教職員が連携し迅速な対応をとる。

  (3) 昼食時の指導

食事の前後の手洗いを徹底するとともに、机を向かい合わせにしない、食事時の会話を控える、食事後には必ずマスクをつけるなど、飛沫の飛散防止の対応を行う。

  (4) 食堂における感染症対策

食堂運営事業者と協議・相談の上、食堂での感染予防策を徹底する。

ニュース一覧へ