学科紹介

福祉科 保育福祉コース

勉強、実習、ピアノレッスン、この道の先に保育士がある!

保育士、幼稚園教諭になるには、保育系四年制大学や短大、専門学校など、さまざまな道があります。そこで、保育福祉コースは、受験対策から、実習、ピアノレッスンまで、希望進路への進学を多角的にバックアップ。受験だけではなく進学後にも役立つ知識や技術を身につけていきます。

保育福祉コースブログ

特長

毎日放課後は、
専門講師のもとでピアノレッスン

幼児教育に携わるうえで欠かせないのがピアノ演奏。そのため、保育福祉コースでは、専門講師を招いて毎日ピアノ講習を行っています。中には初心者から始めたにもかかわらず、ピアノ特別推薦で合格するまでに上達した先輩もいます。

子どもたちと実際に触れ合い、
目標や課題を発見できる

近隣の保育園に出かけて行う実習授業は、保育園の先生になるために自分の目標や課題を発見する絶好のチャンスです。実際に触れあい、コミュニケーションすることで、学校では学べないたくさんのことが体験できます。

主な進路 大阪樟蔭女子大学・常磐会学園大学・相愛大学
目指せる資格 介護職員初任者研修※旧ホームヘルパー2級・
福祉住環境コーディネーター・
英語検定・漢字検定・数学検定

【昇陽の+α】毎日の学びの延長線上に、将来の夢、保育士がある

保育士になるためには、高校を卒業後、法律で定められた養成校を卒業するか、大学で2年以上学んだあと、国家試験に合格する必要があります。そのために保育福祉コースでは、進学や進学後に役立つ力を身につけます。

カリキュラム

※一部変更の場合があります。