学科紹介

福祉科 福祉コース

介護福祉士国家資格取得と受験勉強を両立する!

福祉コースが、大阪でもトップクラスの介護福祉士国家資格合格率を誇る理由は、
必須53単位をクリアした充実の授業数に加えて、実際に資格を持つ教員による充実した指導が受けられるからこそ。また、資格取得だけでなく大学進学に向けたサポートも充実しています。

福祉コースブログ 動画でご紹介

特長

厚生労働省の基準を満たした実習施設で学ぶ

介護福祉士の技術を学ぶためには、充実した実習施設が欠かせません。そこで、福祉コースでは、厚生労働省の基準を満たした本格的な実習施設を校内に用意。理想的な環境で、万全の国家資格対策を行えます。

福祉系大学進学に向けた受験指導体制も万全

福祉に関する仕事は幅広く、さまざまな道が広がっています。そこで、さらに専門領域を広げるべく、大学進学をめざすためのサポートも万全の体制を用意。希望すれば、7時間目と土曜日の進学講習の受講も可能です。

主な進路 大阪大谷大学・関西福祉科学大学・特別養護老人ホーム・介護老人保健施設など各施設に就職
目指せる資格 介護福祉士国家試験受験資格・介護職員初任者研修※旧ホームヘルパー2級・福祉住環境コーディネーター・英語検定・漢字検定・数学検定

【昇陽の+α】介護福祉士への最短距離をまっすぐ進める

介護福祉士になるためには、通常、高校を卒業後2 ~3年の期間を経て、国家試験に合格しなければなりません。しかし、実習時間数をクリアし、設備も整った本校なら、卒業と同時に最短距離で資格を取得することができます。

カリキュラム

※一部変更の場合があります。