学校案内

あいさつ

生命力に溢れ、新時代に輝く人間の育成をめざして

 本校は、創立100年を迎えようとする大阪でも歴史ある私立校です。2009年からは昇陽中学校・高等学校として新たな道を歩み、現在、高等学校では8つの専門コースを設け、個々の特性を活かして知識、技能を習得し、社会に貢献できる人材の育成をめざしています。
 私たちが教育理念として掲げていることは、まず、人としての基礎力を育てることです。何かに集中して取り組み、最後までやり抜くことを大切にしています。そのため、学習を中心に、実技・実習、資格や検定の取得、部活動や学校行事など、多彩なプログラムを用意して、生徒たちの“本気”を引き出します。
 今後、ますます社会は変革し、多様化していくと考えられます。本校では現在、キャンパスの整備、新しい時代に対応するコース設置などカリキュラムの再編成、ICT授業や先進機器の導入などを次々に実施、学習環境を刷新しています。
 これからの時代を生きる生徒たちには、青年期の溢れる生命を燃やして輝き、人生を切り開いていく力を培ってほしいと願っています。そのために教職員が一丸となって生徒たちを支えていく所存です。

昇陽中学校・高等学校校長 竹下 健治

昇陽中学校・高等学校 校歌

校歌 淀之水 男子に配慮、リニューアル

鶴巻榮二校長が昨年7月に知人の作詞家、もず唱平さんに作詞を依頼。 ”浪花のモーツァルト”の異名で知られるキダ・タローさんが作曲を担当し、今年1月に新校歌が完成した。
曲名は「Dream For Ever」(夢はとわに)。校歌には珍しい英語のタイトルだが、 歌詞にも英語を取り入れ、リズミカルな曲に仕上がった。「青春には夢が必要」というもずさんの思いも込められており、在校生に好評という。
※ 産経新聞 3/25(木)より抜粋