学校案内

一人ひとりの成長を見守り、
可能性を育てます。

 中学時代は、心も体も成長して変化する大事な時期です。この時期に、私は二つのことを身につけていただきたいと考えています。
 一つは、「正しい学習習慣」です。基礎を習得し、日々、予習・授業・復習を積み上げていけば、学力は必ず向上します。すべての生徒に、勉強に打ち込む楽しさと充足感を味わってほしいと願っています。
 もう一つは「健全な価値観を知る」ことです。激しく変化し多様化する時代だからこそ、思いやり、やさしさ、礼儀などの人としてあたりまえのことを大事にしたいと考えます。本校ではクラブ活動や農業体験、行事などを通して、協力し合うことを学び、豊かな感性を育てます。
 中学校時代は何かに浸ることができる貴重な時期です。一心に何かをした経験は、人を輝かせる源になるでしょう。本校の生徒は、各自、勉強やクラブ活動、学校行事に打ち込む学校生活を送っています。
 家庭的で和やかな雰囲気の中、生徒たちが互いに尊重しあい仲がよいことも本校の特長です。
 教職員は一丸となって一人ひとりに寄り添い、成長を見守りながら可能性を育てています。

昇陽中学校・高等学校校長 竹下 健治

昇陽中学校・高等学校 校歌

校歌 淀之水 男子に配慮、リニューアル

鶴巻榮二校長が昨年7月に知人の作詞家、もず唱平さんに作詞を依頼。 ”浪花のモーツァルト”の異名で知られるキダ・タローさんが作曲を担当し、今年1月に新校歌が完成した。
曲名は「Dream For Ever」(夢はとわに)。校歌には珍しい英語のタイトルだが、 歌詞にも英語を取り入れ、リズミカルな曲に仕上がった。「青春には夢が必要」というもずさんの思いも込められており、在校生に好評という。
※ 産経新聞 3/25(木)より抜粋