資料請求へのリンク資料請求 アクセスへのリンクアクセス

城山体験学習

触れる 育てる 食べる 農業体験を通してSDGsを実践

教室を飛び出し、城山キャンパスにある畑で農作物を育てます。みんなで汗を流して収穫する喜びを知り、さらに地球を取り巻く課題についても学びます。

城山キャンパスはスクールバスで40分 採りたてをお家でクッキング 仲間と共にやりとげるって楽しい

仲間と協力して四季の作物を育てます

本校からバスで40分の
「城山キャンパス」で四季折々の農作物を育てます。
仲間と協力して、土を耕し種や苗を植えて育てる中で、
教室では得られない大切なことを学びます。
収穫した作物は家庭に持ち帰って調理。
実践から学ぶ昇陽ならではの授業です。

SDGsについて考える

発表会

「2030年までによりよい世界をめざす国際目標」を農業体験と関連づけて学び、17の目標について学年ごとに分かれて調べ、成果を発表しました。

研修旅行の事前学習

十勝ガールズ

農業の新しい可能性を考え、北海道で活動するグループ「十勝ガールズ農場」とオンラインで結び、3年生が研修旅行の事前学習を行いました。

SDGs 画像
大きな畑で、種まきから収穫までの農業体験ができます。 秋には栗拾いもできますよ。 農業指導員 真栄田 健先生
在校生の声

作物を育てる
授業があるなんて
楽しい学校だと
思いました

入学前、昇陽中に農業体験があると知り、楽しそうな学校だなと思いました。今は大根、じゃがいもを育てていますが、土を耕す大変さ、同級生と協力して物事を進めることの大切さを実感しました。農業体験からSDGsについて考える勉強もしています。地球環境に対して自分ができることは何だろうと考えるようになりました。

合田 暁翔さん(2年生)

合田 暁翔さん(2年生)

合田 暁翔さん 画像

入学前、昇陽中に農業体験があると知り、楽しそうな学校だなと思いました。今は大根、じゃがいもを育てていますが、土を耕す大変さ、同級生と協力して物事を進めることの大切さを実感しました。農業体験からSDGsについて考える勉強もしています。地球環境に対して自分ができることは何だろうと考えるようになりました。

TOPへ戻る