資料請求へのリンク資料請求 アクセスへのリンクアクセス

進学I・II・IIIコース

それぞれの特性に応じ、
全員の志望校合格をめざす!

難関大学に合格したい、
部活動のスキルを上げたい、
勉強も部活も頑張りたいなど、
個々の希望に沿った3つのコースを設置しています。

立教大学/関西学院大学/立命館大学/ 甲南大学/龍谷大学/桃山学院大学/追手門学院大学/ 関西外国語大学/京都外国語大学/大阪体育大学/ 天理大学/東京女子体育大学ほか

GTEC/英語検定/漢字検定/
数学検定

難関大学合格をめざす 進学Iコース

特進コースと同様に、受験に照準をあてたカリキュラムを組み、基礎項目を繰り返して履修し、学力を積み上げます。中堅私大から難関大学合格を想定し、個々の特性に応じ志望校合格に向けてサポートします。

アスリート進学をめざす 進学IIコース

部活動の強化クラブに所属する生徒を対象に、志望校合格をめざすコース。体育の実技授業を潤沢に確保してアスリートとしてのスキルを磨くと同時に、習熟度別授業を実施、推薦入試やAO入試に対応する力をつけます。

●女子ソフトテニス部
●男子バレーボール部
●女子新体操部
●女子卓球部

勉強も部活動も両立させる文武両道コース 進学IIIコース

勉強と部活動の両方に力を入れつつ、難関大学合格をめざす生徒を対象とします。補習授業を行い、じっくりと勉強に取り組んで志望大学合格をめざすとともに、放課後は広々とした城山キャンパスで、部活動に励みます。

●男子サッカー部
●男子ハンドボール部
●男子柔道部
●ダンス部
●吹奏楽部

進学スポーツ
2人のエキスパートが担当!

生徒のやる気を引き出し
基礎力を固め、合格を実現!

桑原 志郎先生

40年間、大阪府立高校で英語教諭として勤務。
数校で学年主任、教務部長、進路指導部長を務め、教頭、校長を歴任。
2019年、本校特進コース・進学Ⅰコース教諭として着任。

言葉力を育てることで、
揺るぎない学力を養成

私の長年の経験から、受験は個人競技に見えて実は団体競技だと思っています。クラスの誰かが一生懸命、勉強しているのを見て自分もがんばろうと思い、切磋琢磨する中で、クラス全体が志望校合格という目的に向かう雰囲気ができたら、個々の成績は自然に伸びていくものです。そのためには教員が一人ひとりにキメ細かく向き合うことが重要です。本校では特進、進学Ⅰコースの授業では科目別に習熟度別クラスを編成し、10人未満という少人数制での授業で着実に学力を育てます。学力の基礎になるのが言葉力です。知らない言葉に出合ったら書き出して意味を調べて提出する「言葉ノート」の作成を生徒にすすめています。また、英和辞典は電子辞書ではなく、あえて紙の辞書を使用します。1つの言葉から派生する言葉や語源、用例を知ることで言葉の世界が広がります。言葉への深い理解は国語や英語だけでなく全教科の基礎力になるでしょう。

受験へのモチベーションを作るための
数々の取り組みを実施

受験に対するモチベーションを上げる試みも実施します。大学職員を招いて大学の様子を説明する会を開催し、また実際に大学を訪問してキャンパスライフを目の当たりにするなどで生徒のやる気を引き出します。全教室にプロジェクターを備え効率的に授業を進めるほか、昨年から自習室(20ブース・放課後~19時開設)を作りました。春・夏・冬の長期休業中には毎日講習をすることに加えて、2泊3日の「勉強合宿」も実施して集中力を高めようとしています。このような取り組みの結果、一般入試で第一希望の大学に合格する生徒が増えています。今後ますます合格実績が伸びていくと確信しています。

続きを見る

人工芝の新グラウンドで
思い切りスポーツを楽しもう!

奥谷 彰男先生

36年間、大阪府立高校体育教諭として勤務。サッカー部を府大会、近畿大会、インターハイ出場に導く。数校で教頭、校長を歴任。国際審判員、一級審判員としても国内外で活動。2020年、本校体育科教諭、サッカー部総監督として着任。

スポーツ選手として大事なのは
技術の前にまず「人間力」

サッカーなどスポーツで、もっとスキルアップしたい、勝利したいと思ったときに大事なことは何でしょうか?個々の技術ももちろん大事ですが、それよりも大事なのが「人間力」だと私は思っています。いくら、技術的に優れていても、そのことで自分に価値があるように錯覚して、試合に出られることや、チームメイト、同級生に応援してもらうありがたさを理解できずにいたら、長い目で見てその人が選手として大成することは難しいでしょう。本当に優れた選手は、基本的な生活習慣や礼儀、人に対する誠実さを備えています。私は、生徒たちに、朝は自分で起床すること、保護者の方に挨拶すること、学校からのプリントなどの書類を保護者に渡すときは必ず両手で持って渡すなど、生活の中の小さなことを丁寧に感謝の気持ちをもって行うように伝えていきます。また、スポーツと学習を両立させ、学校を休まずに登校し、集中して授業を受ける「文武両道の心」も指導し、将来、社会の担い手として立派な社会人となることを目標にします。そのために、たとえばボランティア活動や地域での活動を実施して「奉仕の心」も育てていきたいと思います。

恵まれた環境に感謝し
粘り強く戦う精神を育てます

本校は2020年、城山キャンパスに7000㎡の人工芝のグラウンドが完成しました。この恵まれた設備の中で、思い切り体を動かすことができる喜びを生徒とともに感じながら、スポーツを楽しみ、勝利をめざして最後まで粘り強く戦う精神をともに育てていきたいと念じています。保護者の方にも協力していただけたら幸いです。

続きを見る

部活動も勉強も
両方がんばっています。

MESSAGE FROM在校生
湯田 貫太さん
(大阪市立墨江丘中学校出身)

進学Ⅲは文武両道をめざしています。私は創設されたばかりのハンドボール部に入部。自分たちが部の伝統をつくるという気持ちでがんばっています。勉強は部活動が休みの日に集中的に行い、試験前には部活の仲間と勉強会を開いています。将来はトレーナーか栄養士になりたいので、その分野の大学進学を希望しています。

大学生

大阪信愛学院
短期大学
看護学科

MESSAGE FROM卒業生
村山 瑠菜さん
(2019年度卒業)

現在、私は看護師になるために色々なことを学んでいます。毎日、大変ですが、同じ夢を持つ仲間と一緒に諦めずに頑張っています。昇陽高校ではたくさんの友達ができ、成長できた3年間でした。進路実現のために勉強合宿、夏期講習などに積極的に参加しました。大変でしたが、先生方のサポートのおかげで現在の私があります。

TOPへ戻る