校長ブログ

校長ブログ

2018-11-16

8コースで学ぶ

 現在、学校説明会を行っておりますが、中学生や保護者の皆さんも8コースのうち、どのコースを選んだらよいのか迷われていると思います。どのコースが自分に合っているのか、またどのようにすれば進路実現するのかと考える事は当然だと思います。本校もその期待に応えるべく、それぞれのコースに専門の講師やスタッフをそろえ、特別の講習を行い、そのための施設も用意しています。そうであれば中学生の皆さんも、進路はその道を進まなければならないと思うかもしれません。もちろん、そのコースの道を突き進んで将来の進路につなげてもらってもよいのです。

 しかし、別の道に進んでもらってもよいのです。私たちは、ひとつのコースを極める事が将来の全てのキャリアに通じる力を養う事と考えています。パティシエの実習では実習着をまとい、髪の毛を留め、爪をチェックします。講師の専門知識を受け、食材に真剣に向き合い製作します。皆で出来ばえを確認し反省し喜びを共有します。そして、最後に食器を洗い、隅から隅まで掃除をします。この実習態度は、将来の全ての職業に共通している最も肝心な部分です。その最も肝心な部分に触れるために、極めるために、パティシエコースはケーキ製作に没頭します。福祉、保育、看護進学、公務員、ビジネスも、そのコースに真剣に向き合う事で、様々な進路や職業に適応する力が養えます。もちろん、特進や進学も授業や部活動を通じて、自己研鑽に努め、人格形成や夢実現の力をつける事を目標としています。

 よって、看護進学や保育はもちろん、パティシエや福祉などのコースからも大学を目ざす者がたくさんいます。実際に、それらコースから難関私立大学へ進学しています。そのため、各コースの専門科目や実習時間以外の授業は共通カリキュラムにして、また特別講習や特別補習で補い、柔軟に進学や進路に対応できるようにしています。ひとつのコースを突き進む先に広い進路があると思ってください。私たちは、中学生の皆さんにとって、今一番興味がもてて没頭できるコースを選んで、それを起点に将来の道を考えてほしいと思います。8コースで学ぶとは、自己を鍛え研鑽する方法が8つあると思ってください。将来の進路について心配なことがあれば気軽に相談してください。

 

 

校長ブログ一覧へ